便秘にならないように気をつけて、排便をがまんしない、5分以上便座に座らない、おしりを清潔にするなど、心がけましょう。出血が続く時は、専門医の受診をおすすめします。