全身麻酔で手術を行う場合、原則的には腹腔鏡を用いた手術(おなかに1~2cm程度の切開を5か所加えて行う手術)で行います。手術自体も体に負担が少なく、術後の傷の痛みも少ないため、高齢の方にも耐えうる手術です。その他にも、腰椎麻酔(下半身麻酔)で行う手術もありますので、患者様の全身状態に応じて手術方法を選択いたします。