痔瘻を治すには手術に頼るしかなく、以前は痔瘻を開いたり(瘻管開放)、切り取ったり(瘻管切除)して治していました。この方法では痔瘻は治りますが、これと引き換えに括約筋という肛門を締める筋肉も切られてしまいます。軽い痔瘻は、残りの筋肉の働きで補うことができますが、複雑な痔瘻では、この括約筋がひどく切られてしまい、便やガスが漏れるようになったりします。この弊害をなくすために、最近は括約筋を切らずに痔瘻を治す方法が考案されています。現在では多くの場合、括約筋を切らずに手術されていて、これを括約筋温存術式と呼んでいます。以前の括約筋温存術式では、痔瘻が再発するケースがありましたが、現在の改良された術式では、そういうことはほとんどなくなりました。