痔瘻は肛門と直腸との境にある波状の歯状線において、直腸側から肛門側へ突出した部分(肛門小窩)に開口する肛門腺が腸内の細菌侵入により汚染を受けたもので、軽い感染の場合は肛門小窩炎となりますが、ひどい感染で化膿すれば、肛囲膿瘍あるいは直腸周囲膿瘍となります。これが破れて膿の管(瘻管)を作ったものが先に述べた痔瘻です。
薬に関しては、化膿の拡大を防ぐために抗生物質、痛みやはれを除くのに消炎鎮痛剤などを使用することになりますが、完治するまでには至らず、原則として早期に瘻管を切り開き排膿するか、少なくとも膿の入口を取り除くかしないと治りません。入院が必要になりますが、簡単なものなら外来処置でも治せます。痔瘻は、浅い場合は肛門の周囲が赤くふくれあがり、外からもそれと認めることができますが、深い場合は、外からみただけではわからないこともあります。
この場合でも、まわりを押すと、そこに強い痛みを生じるのでわかります。肛囲膿瘍は放っておきますと自然に皮膚を破って外に流れ出ますし、多くの場合は痛くてたまらないので、病院で切開排膿してもらうことになります。このようにしますと一時的に楽になりますが、これで病気が治ってしまうわけではありません。一度細菌が侵入したクリプトや肛門腺の部分は閉じてしまうことなく、永久に開いた状態になり、ここから絶えず細菌が侵入し、中で化膿して膿となって外に流れ出します。すなわち、クリプトから肛門周囲へかけての膿の管ができあがるわけです。これが痔瘻です。痔瘻は自然に治るということがないので、手術によって治さねばなりません。