裂肛とは、肛門にできた裂け傷のことで、俗に「きれ痔」「さけ痔」とよばれています。
肛門の表面は、肛門上皮という薄い皮膚でおおわれています。皮膚が薄いだけに裂けやすいのです。肛門は普通締まっていて、便通の時だけ広がるのですが、硬い便が通過する時浅い傷がつき、紙に少しにじむ程度の出血があります。普通この傷はすぐ治りますが、便秘症で毎日硬い便が出たり、肛門が狭かったり、何か塊ができていてそれが肛門外に出ていこうとして無理をしたりすると、繰り返し傷がつき、痛みを伴って治りにくくなります。慢性化すると肛門狭窄・肛門ポリープ・皮膚痔などを生じて症状が悪化します。