初期の裂肛は特別の治療を必要とせず、便通がスムーズにあれば自然に治ることがほんどです。しかし、便秘を何回も繰り返したり肛門が狭くなっていると、傷が硬くなり治りにくく、薬による治療が必要になります。
傷の治りを早くする薬剤(組織修復作用のあるもの)、出血があれば止血作用のある内服薬や、傷口を直接的に保護し、硬くなった皮肩を軟らかくする作用のある外用薬(座薬・軟膏)などを使用します。二次的には便秘を治すための緩下剤を併用し、食事の上でも便秘を防ぐ食生活を心掛け肛門への負担を軽くします。
裂肛がさらに進むと、肛門ポリ一プやスキンタグ(見張りイボ)ができやすく、また肛門が狭くなったりします。そういう場合は薬では治りにくく、外来で外科的に処置します。