妊産婦の痔

ホーム/妊産婦の痔

どうして妊婦は便秘になりやすいのですか?

妊娠すると乳腺の発達をうながしたり、妊娠を順調に進める為に黄体ホルモンがたくさん分泌されます。この黄体ホルモンの影響で腸の動きが鈍くなって便秘しやすくなります。また、大きくなった子宮が腸を圧迫します。妊娠中は運動不足にもなりがちです。

2018-01-26T20:07:24+09:002017年1月23日 ||

妊婦は下剤を飲んでもいいですか?

妊娠中はなるべく薬に頼りたくないものですが、あまりに苦しい場合は医師に相談してください。薬の中には子宮収縮を誘発したり、流早産の危険性があるものもあるので、妊婦さんが使用できないものもあります。

2018-01-26T21:10:03+09:002017年1月23日 ||

産後に痔になるのはどうしてですか?

出産で腹筋が緩んだ状態となり、授乳で慢性的な水不足になりがちで、便秘になりやすいことが要因として挙げられます。水分や食物繊維を多く摂るように心がけましょう。また、育児や家事による体への負担やストレスも原因となることがあります。

2018-01-26T20:55:50+09:002017年1月23日 ||

会陰裂創とはどんなものですか?

お産のときに無理をして裂けるのが原因でおこります。 肛門と膣の間は薄く、出産のときに負担がかかります。 この部分の伸びが悪くなっている人におこりやすく、この修復には、出産直後に縫い綴じるのが一番ですが、治りにくい場合もあります。筋肉の損傷の程度によっては、便失禁やガス漏れが生じることもあります。

2018-01-26T20:53:43+09:002017年1月23日 ||

若い女性の痔はどうしたらよいですか?

妊娠、出産で痔が悪くなる人は多く見受けられます。 小さな子供がいて、入院・手術のため長期間家庭を留守にすることは容易にできることではありません。症状によっては結婚・妊娠前に思い切って手術を受けることをおすすめします。創の治りや排便コントロールのため、少なくとも3ヶ月前には受診されてください。

2018-01-26T20:52:31+09:002017年1月23日 ||

痔にならないような食べ物はありますか?

便通に良い食事を心がけましょう。朝食をきちんととりましょう。ヨーグルトや野菜、くだものをたっぷり食べましょう。りんごは下痢の方にもおすすめです。山芋、わかめ、納豆、ごまなどもおすすめです。また、飲酒を避けるのはもちろんですが、刺激物のとりすぎに注意しましょう。

2018-01-26T21:04:19+09:002017年1月23日 ||
Go to Top