大腸ポリープとは?

大腸ポリープとは、大腸の管の中にできた「できもの」のことをいいます。ほとんどのポリープはイボのような丸い形をしていますが、平らなポリープもあります。大腸ポリープには、「炎症性ポリープ」や「過形成性ポリープ」といったがんにならないポリープ(非腫瘍性ポリープ)と、「腺腫」といってがんになる可能性のあるポリープ(腫瘍性ポリープ)があります。腺腫は「がんの芽」と考えることができます。小さいうちは良性だった腺腫が時間とともに徐々に大きくなると、がん化する可能性が高くなってきます。

主な原因は?

  • 年齢(50 歳以上)
  • 大腸がんの家族歴(親、兄弟、子どもに大腸がんになった人がいる)
  • 高カロリー摂取・肥満
  • アルコール過剰摂取
  • 喫煙
  • 以前ポリープができたことがある

症状

大腸ポリープ(腺腫)は小さいものは、半球状のものが多く、大きくなると短茎性・長茎性のものが増えてきます。扁平なものもあります。小さなものは症状はありませんが、大きくなると、下血や出血をおこすことがあります。

検査法

診断のために「直腸指診」「肛門鏡検査」「直腸鏡検査」「S状結腸内視鏡検査」「注腸造影検査」「大腸内視鏡検査」等の検査が行われます。

治療法

技術的に可能であれば、ポリペクトミーで治療が終わります。
内視鏡的ポリペクトミーは、スネアワイヤーで、腫瘍の基部を緊縛した後に高周波電流を通電して、組織破壊を作用させ切除する治療法です。ポリープと形態と大きさによっては、ポリペクトミー、腹腔鏡下手術、開腹手術と治療方法も異なってきます。