胃がんとは?

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって無秩序に増殖を繰り返すがんです。
胃がん検診などで見つけられる大きさになるまでには、何年もかかり、大きくなるに従い、がん細胞は胃の壁の中に入り込みます。外側にある漿膜(しょうまく:胸腔、腹腔など体腔の壁の内面、および肺、心臓、腸など体腔内に収納されている器官をおおう薄い膜)やさらにその外側まで広がり、近くにある大腸や膵臓にも広がっていきます。

主な原因は?

胃がんの原因については、様々な研究がなされており、要因としていくつか分かってきているものがあります。特に強いリスク要因として挙がっているのが、ヘリコバクターピロリ菌への感染です。WHO(世界保健機関)からも、確実な発がん因子としての認定がされています。

他にも、塩分の多い食品や燻製食品の過剰摂取、野菜・果物の摂取量不足、飲酒、喫煙、保存状態の悪い食品を多く食べるなど、食習慣や生活習慣の乱れが挙げられます。また、高齢者や男性、慢性胃炎や胃のポリープがある、家族歴があるという場合も、胃がんを発症するリスクが高くなります。

症状

早期の胃がんで見られる症状には、以下のようなものがあります。

  • 消化不良や胃の不快感
  • 食後の膨満感
  • 軽度の悪心
  • 食欲低下
  • 胸焼け

また、胃がんが進行すると、皮膚や白目が黄色になる黄疸、腹水(腹腔内に液体が溜る状態)、食べ物が飲み込みづらくなるなどの症状が見られるようになります。

検査法・診断法

胃がんが疑われるときには、胃の内視鏡検査や胃X線検査を行います。
胃がんの広がりを調べる検査としては、胸部X線、腹部超音波(エコー)、CT、直腸検査、血液検査などを行うこともあります。

治療法

手術(外科療法)
がんの病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。
がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。がんの治療法として最も基本的な治療法となります。

抗がん剤(化学療法)
化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。
全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。
一般的に、胃がんは化学療法のみで治療することが難しく、がんが進行している場合は、手術後に補助化学療法を行います。また、延命や症状の緩和のために化学療法を行う場合もあります。

放射線療法
腫瘍の成長を遅らせるため、または、縮小させるために放射線を使用する治療法です。
がんに侵された臓器の機能と形態の温存が期待できます。局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者様にやさしいがん治療法と言われています。

免疫細胞療法
身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やし、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行われる治療法です。
近年注目されてきている、副作用が少ない治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。