胃潰瘍とは?

胃潰瘍とは、何らかの理由で胃の粘膜に傷がついた後、胃酸などの攻撃によって穴が開き、傷が粘膜の下にある粘膜下層や筋層などといった深部まで達し、胃の壁の内側にくぼみ状の病変を生じた状態をいいます。

主な原因は?

胃の中に住みつき持続的に胃の粘膜を障害するピロリ菌や、NSAIDと言われる鎮痛解熱薬などによるものがあります。
その他、ストレス、刺激物の過剰摂取や暴飲暴食、胃腸炎などに伴う細菌・ウイルス感染、過労などが挙げられます。

症状

腹部が中心の不快感・違和感などがあり、主に上腹部を中心とした腹痛、背部痛、吐き気、もたれ感、腹部膨満感などです。
潰瘍から出血をきたした場合は、吐血、黒色の便やタール便(コールタールのような真っ黒な便)が認められます。

検査法・診断法

直接潰瘍の病変を確認することが必要となります。
症状などから、胃潰瘍や上部消化管の疾患を疑うと、胃カメラやバリウムを飲み胃透視や血液検査などを行います。

治療法

症状が軽い場合
プロトンポンプ阻害剤(PPI)やH2ブロッカーといった胃酸を抑える薬の内服や注射に加えて、粘膜を保護する1~3種類の胃薬を数週間内服します。

腹痛や貧血などの症状が強い・潰瘍が大きい・出血を伴う場合
数日間絶食して点滴治療を行います。
症状や経過の観察が必要になるため、1~2週間程度の入院が必要です。
胃内視鏡検査で胃潰瘍の部位から出血が認められたり、出血後の露出した血管が認められた場合は、検査と同時に、出血部位をクリップと呼ばれる小さな金具で縛ったり、出血部の血管を焼きつぶすなどの止血処置を行います。
輸血や鉄剤など、貧血に対する治療が必要なこともあります。胃潰瘍になる原因の多くを占めるピロリ菌がいる場合は、除菌治療も並行して行います。