逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や胃液そのものが食道に逆流する病気です。逆流性食道炎は、高齢者に起こりやすいとされていましたが、最近は若い人にも増えており、問題になっています。

主な原因は?

主な原因としては、食道と胃のつなぎめにあたる下部食道括約筋の筋力の低下があげられます。通常は、下部食道括約筋が胃液の逆流を防いでいますが、この筋肉が加齢などによって緩むと、胃の内容物が簡単に食道に戻ってきてしまうのです。そのため、これまでは高齢者の病気と考えられていましたが、最近では若い人にも増えています。

若い人に逆流性食道炎が起こる原因の一つは、「便秘」によって腹圧が高まることです。お腹が張っている時、胃は腸からの圧迫を受け、食道への逆流が起こりやすい状況になります。慢性的な便秘によって常にお腹が張った状態になると、若い人でも逆流性食道炎が起こりやすいことがわかっています。
また、脂肪分の多い食事をすると、十二指腸からコレシストキニンというホルモンが分泌され、下部食道括約筋がゆるんだり、胃酸が増えたりします。これは、脂肪がほかの栄養素に比べて消化に負担がかかるからです。そのため、脂肪分の多い食事を好んで食べる人にも、逆流性食道炎が起こりやすくなります。

症状

主な症状は、以下の通りです。

  • 食後に胸焼けがする
  • ゲップが出たり、喉に酸っぱいものや苦いものがこみ上げてくる感じがする

逆流性食道炎はつらい症状の他に、放置すると潰瘍に進行したり、食道がんのリスクが高まります。また、逆流性食道炎の原因となる便秘や高脂肪の食事は、大腸がんのリスク要因ともなります。

検査法・診断法

上部消化管X線検査、内視鏡検査を行います。

治療法

飲み薬によって胃酸の分泌量を減少させたり、食道の運動機能を改善したり、胃酸を中和したり、食道の粘膜を保護・修復する薬物療法を中心に行います。

予防法

以下のような生活習慣の改善が中心となります。

  • 脂肪分の多い食事を控える
  • オリーブオイルを食生活に取り入れる
  • 胃への刺激の少ないものを腹八分目で食べる
  • 酸味の強い食品も控える。
  • 腹部をベルトできつく締め付けすぎない
  • 無理して重いものを持たない