マロリー・ワイス症候群とは?

嘔吐をした際に、胃と食道の境目に負担がかかり、粘膜が裂傷することで出血する病気です。マロリー・ワイス症候群は、頻回の嘔吐反射の後、突然吐血するのが特徴です。ほとんどの場合、自然止血がみられ、その後再発することはあまりありません。

主な原因は?

激しい嘔吐が深く関係していて、激しい嘔吐をするとお腹の圧力が上がり、一時的に食道と胃のつながる部位周辺に対して大きな負荷がかかります。これにより胃食道接合部の粘膜が裂けてしまい、その近辺に存在する静脈もしくは動脈が損傷を受けることから出血をきたします。
もっとも関連性が強く考えられているのは、アルコールです。大量のアルコールを摂取すると、激しい嘔吐をきたすことがあります。また、妊娠の際の「つわり」でも発症する場合があります。

症状

主な症状は、突然の吐血です。
その他、激しい咳やむせ込みなどをきっかけとして吐血がみられることもあります。胃食道接合部の粘膜損傷により、お腹の痛みや背中の痛みが同時に現れる場合もあります。

検査法・診断法

上部消化管内視鏡検査を行うことがります。
検査を行った時には、既に自然止血している場合もあり、粘膜損傷部位に血液の塊が見られることもあります。
また、胃食道接合部の粘膜損傷は、マロリー・ワイス症候群以外にも、胃食道逆流症、薬剤、感染症などでもみることがあります。これらの鑑別のためにも上部消化管内視鏡検査は有用です。

治療法

胃薬(プロトンポンプ阻害薬など)や制吐剤などの内科的な治療を行います。これらの内科的な治療のみで自然治癒が期待できます。
ただし、吐血すなわち出血が多い場合は、血圧がしっかりと保てているかどうかを確認し、血圧が低下している場合には、点滴や輸血なども考慮します。また、上部消化管内視鏡検査時に、出血部位に対してクリップやアドレナリン、電気焼却等の方法を用いて止血する場合もあります。