過敏性腸症候群(IBS)とは?

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndromeの頭文字をとって「IBS」と表す)は、お腹の痛みや調子が悪く、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。およそ10%程度の人がこの病気であるといわれている、よくある病気です。女性のほうが多く、年齢とともに減っていきます。命に関わる病気ではありませんが、お腹の痛み、便秘・下痢、不安などの症状のために日常生活に支障をきたすことが少なくありません。

主な原因は?

IBSになる原因は、まだはっきりわかっていません。
細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかった場合や、回復後にIBSになりやすいことが知られています。
原因究明のため、腸や脳の機能異常を起こす物質を見つける研究や遺伝子の研究などが行われています。

症状

  • 症状としては便通異常(便秘・下痢・便秘下痢交替)
  • 腹痛や腹部の不快感(なんとなく気持ちが悪い)、
  • ガス症状(腹鳴・腹部膨満・放屁・ゲップ)

などさまざまなものがあります。

診断法

甲状腺機能異常症などの内分泌疾患や糖尿病性神経障害、寄生虫疾患が疑われる場合は、血液検査、尿・便検査を行います。この際に炎症所見や貧血があれば器質的疾患が疑われるため、大腸内視鏡検査や大腸造影検査を行います。
また、症状に応じて、腹部超音波検査、腹部CT検査などを追加する場合があります。

治療法

生活習慣の調整と食事療法
規則正しい生活と十分な睡眠が推奨されます。刺激物摂取や、夜間の大量の食物摂取は避けることが望ましいです。さらに、特定食物で症状が起こりやすい場合は、その回避により症状が改善する場合がありますので、食生活を振り返ることが解決の鍵となることがあります。

薬物療法
ポリカルボフィルムカルシウム、プロバイオティクス、酸化マグネシウムなど腸管の内容物を調整する薬物やトリメブチンや臭化ブチルスコポラミンのような腸管の機能を調節する薬物が用います。