大腸がんとは?

盲腸・上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸・直腸に発生したものを、大腸がんと言います。大腸がんの約70%は、直腸またはS状結腸に発生します。中でも直腸がんは大腸がん全体の約40%を占め、胃がん・肺がん・肝がんと並び、発生頻度の高いがんです。がんが小さく、粘膜内にとどまっている場合には、内視鏡による治療で根治可能な場合もあります。

主な原因は?

大腸がんの発生は、生活習慣と関わりがあるとされています。
赤肉(牛、豚、羊など)や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)の摂取や飲酒、喫煙により大腸がんの発生する危険性が高まります。また、体脂肪過多、腹部肥満、高身長といった身体的特徴をもつ人も、大腸がんを発生する危険性が高いといわれています。
また、家族の病歴との関わりもあるとされています。特に家族性大腸腺腫症やリンチ症候群の家系では、近親者に大腸がんの発生が多くみられます。

症状

早期の段階では自覚症状はほとんどなく、進行すると、血便(便に血が混じる)、下血(腸からの出血により赤または赤黒い便が出る、便の表面に血液が付着する)、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、体重減少などの症状があります。
血便、下血は痔(じ)などの良性の病気でもみられますが、そのまま放置しておくと、がんが進行している場合があります。
大腸がんの早期発見のために早めに受診することが大切です。

検査法

日本では、大腸がんの早期発見方法として、便潜血検査が普及しています。
連続2日で計2回排便して、いずれかあるいは両方のサンプルが潜血陽性であった場合に大腸内視鏡検査(または、注腸造影検査)が行われます

治療法

大腸の粘膜内の狭い範囲内に限られているがんで、大きさや形態から内視鏡的摘除が技術的に可能であり、適切であると判断された大腸早期がんは、「内視鏡的摘除」によって、治療されます。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)は、ポリペクトミー手技を発展させ、平坦な病変や腫瘍の基部等の粘膜下層に生理食塩水やブドウ糖を局注して、病変部を含めた粘膜をポリープ状に浮き上がらせてスネアワイヤー(snare wire)をかけて切除する手技です。

内視鏡的摘除が困難である場合は、手術的に摘除します。
大腸がんは化学療法・放射線療法・免疫療法などより、手術のほうが治療効果が高いので、手術を優先します。

内括約筋切除術による手術については、こちらをご覧ください。