括約不全とは?

排便には内肛門括約筋、外肛門括約筋、肛門挙筋、恥骨直腸筋という4つの筋肉が関与しており、これらの括約筋が切れたり、薄くなったりする事により、便を保持するという機能が低下することを括約不全といいます。括約筋の力が弱まると便もれやガスもれが生じます。

主な原因は?

・分娩時や外傷・肛門疾患手術時の肛門括約筋の損傷
・高齢による括約筋の力の低下
・神経性の疾患
・直腸脱
・腸の術後の後遺症
・骨盤会陰下垂

なりやすい人は?

女性:分娩により括約筋を損傷してしまうことがあります。
高齢者:70才をすぎると急に括約筋の力が低下します。

症状

便もれ、ガスもれ

検査法

直腸肛門機能検査{肛門内圧測定、肛門エコー、フェコフロメトリー(便流量測定)、ディフェコグラフィー(排便造影検査)、直腸機能検査等}を行います。

診断方法

直腸指診と直腸肛門機能検査の結果により診断します。

治療法

・便性状のコントロール(食事療法や薬剤の使用)
・肛門括約筋のトレーニング(骨盤底筋体操、バイオフィードバック療法、電気刺激)
・手術

手術

肛門括約筋修復術

退院後の日常生活

術後、肛門機能の訓練が必要です。

薬について

緩下剤やポリフル(過敏性腸症候群治療剤)などを使用します。

予防法

肛門括約筋のトレーニングをしましょう。
食事療法や薬剤使用による排便コントロールをしましょう。
早めに専門医を受診しましょう。