痔瘻とは?

肛門と直腸の境にある肛門腺に菌が入りこみ、化膿すると肛囲膿瘍になります。肛囲膿瘍が慢性化すると直腸と肌の間に膿がたまり、穴(トンネル)をつくります。

主な原因は?

下痢などがきっかけで歯状線のくぼみ(肛門小窩)に細菌が侵入し細菌感染を起こします。

なりやすい人は?

下痢が続く人、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)の患者様、などがなりやすい。

症状

発熱、肛門痛、肛門のまわりにあいた穴から膿が出る、 肛門のまわりが腫れるなど。

痔瘻の分類

Ⅰ型 皮下または粘膜下痔瘻 肛門の皮膚と内括約筋との間を下に降りてくるもの
Ⅱ型 内外括約筋間痔瘻 低位筋間痔瘻 内括約筋と外括約筋との間を通るもので、下に降りてくるものが低位筋間痔ろう、上にいくものが高位筋間痔瘻。
高位筋間痔瘻
Ⅲ型 坐骨直腸窩(肛門挙筋下)痔瘻 外括約筋の外側を通るもの
 Ⅳ型 骨盤直腸窩痔瘻 肛門挙筋上を通るもの

発生部位

肛門側方

好発年齢・性別

年齢層は広く、男性に多い(男性2:女性1)ですが、その原因は、はっきりしていません。

病気に気付いたら?

早めに医師の診察を受けてください。

診断方法

視診・触診・肛門エコー・肛門鏡を用いた肛門診・内視鏡検査で診断します。

治療法

化膿の拡大を防ぐために抗生剤を、痛みや腫脹に消炎鎮痛剤を使用しますが、完治するまでには到らず、ろう管(穴)を切開して排膿するか、ろう管(穴)を切除しなければ、治りません。また、手術をしても再発する可能性があります。

手術

①ろう管開放術
②括約筋温存術
③ろう管切除術

合併症について

手術後、麻酔の影響で頭痛が起こることがあります。
出血や傷が化膿したり、腫れることがあります。
状態により処置を行います。

退院後の日常生活

便秘や下痢にならないように食事に気をつけましょう。
仕事の再開については退院時に主治医に確認してください。

退院後の通院について

退院後、1~2週間後に来院していただき、診察をいたします。
その後は症状により異なりますので、主治医に確認してください。

薬について

内服薬:
①消炎鎮痛剤(炎症を抑え、痛みを軽減します)
②ビタミンE(血行をよくして、うっ血をとり、傷の治りを早めます)

軟膏:
肛門部の血行をよくして、痛み、腫れなどの症状を改善する目的で使います。

予防法

便通のコントロールをしましょう。