裂肛とは?

裂肛とは肛門にできた裂け傷のことで、俗に「切れ痔」「裂け痔」と呼ばれます。
裂肛をくり返すと慢性化し、肛門膿瘍や肛門狭窄を引き起こします。

主な原因は?

固い便を無理に出そうとして肛門上皮が裂け、裂肛になります。

なりやすい人は?

便秘がちな方 特に女性に多くみられます。

症状

排便時の激しい痛みと出血(ティッシュに付く程度~便器の中が真赤になる程度)
排便後ジーンとした痛みが続きます。

発生部位

12時・6時の方向が多い。

好発年齢・性別

一般的には10代~20代の若い女性に多い。

病気に気付いたら?

専門病院の受診をおすすめします。

診断方法

問診・指診・肛門診

治療法

消炎鎮痛作用のある軟膏や坐薬を使用した保存的治療を行います。
固い便に対しては,緩下剤を用いて肛門への負担を軽くします。
慢性化し肛門潰瘍や肛門狭窄がある場合、手術療法を検討します。

手術

LSIS:側方向肛門括約筋切開術(括約筋をきり広げる手術)
SSG:皮膚弁移動術(狭窄部を切り開き、皮膚を移動して広げる手術)

合併症について

手術後、麻酔の影響で一時的に頭痛や排便障害が起こることが稀にあります。
出血や傷が化膿したり、腫れることがあります。
状態により処置を行います。

退院後の日常生活

便秘にならないよう、排便のコントロールを行いましょう。

退院後の通院について

退院時に主治医に確認してください。

薬について

傷の治りを早くする薬剤、止血作用のある薬剤、傷口を直接的に保護しながら固くなった皮膚を軟らかくする作用のある外用薬(軟膏・坐薬)を処方します。

予防法

排便コントロールを行い、便秘に注意しましょう。
特に、固い便の排出をさけましょう。