肛囲膿瘍とは?

肛門の周囲に膿瘍(膿の巣)を形成する病気です。

主な原因は?

下痢をすることで、肛門と直腸の境にある肛門線から細菌が侵入し、肛門周囲に化膿することが原因です。

なりやすい人は?

便秘や下痢をくり返す人。
裂肛(切れ痔)をくり返す人。

症状

肛門部のにぶい痛み、38度を超える発熱、肛門周囲のしこりや腫れ。

発生部位

肛門周囲

好発年齢・性別

10代~50代の男性に多くみられます。

病気に気付いたら?

専門病院の受診をおすすめします。

診断方法

問診・視診・触診

検査法

肛門エコーやCTで膿瘍の部位や広がりを確認します。

治療法

基本的には手術療法を行います。

手術

まず、局所麻酔下にメスで切開して排膿(膿を出す)します。
膿が出続けた場合等は3~4週間後に腰椎麻酔下にて根治手術を行います。

合併症

わずかな出血を認めることがあります。

退院後の日常生活

特に制限はありませんが、しばらくはシャワー浴が必要になる事もあります。

退院後の通院について

通常は、1~2週間毎にご来院いただき、傷の状態を診察します。

薬について

痛みの強い方には痛み止めを処方します。

予防法

便秘や下痢をしないようしましょう。
肛門を清潔にしましょう。
適度な運動を行いましょう。
また、暴飲暴食を控え、繊維質の多い食事を摂り、規則正しく排便をする良い習慣を身につけましょう。