令和2年度 くるめ病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2 40 218 329 403 285 334 301 186 30
くるめ病院は、肛門科・胃腸科の急性期病院であり、大腸肛門領域に特化した診療を行っております。
20歳代から50歳代までは、クローン病の疾患が最も多く、60歳代から80歳代までは、大腸ポリープが多くなっております。
年代別に多い疾患は、以下の通りです。
10代 潰瘍性大腸炎 虫垂炎
20代 クローン病 潰瘍性大腸炎 痔核
30代 クローン病 痔瘻 痔核
40代 クローン病 痔核 大腸ポリープ
50代 クローン病 大腸ポリープ 痔核
60代 大腸ポリープ クローン病 痔核
70代 大腸ポリープ 直腸癌 直腸脱・肛門脱 痔核 
80代 大腸ポリープ 直腸脱・肛門脱 クローン病
90代以上 直腸脱・肛門脱
昨年度と比較すると、20代から40代の患者様が増加傾向にあります。
65歳以上の患者様が全体に占める割合は、33.60パーセントとなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
肛門科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060241xx97xxxx 痔核 手術:あり 195 9.15 5.64 0.00 50.04
060235xx97xxxx 痔瘻 手術:あり 97 8.76 5.98 0.00 42.60
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術:あり 65 17.18 9.23 0.00 76.27
060230xx97xx0x 肛門周囲膿瘍 手術:あり 定義副傷病:なし 43 3.93 7.40 0.00 37.74
060220xx99xxxx 直腸脱、肛門脱 手術:なし 29 9.72 6.67 0.10 82.56
肛門科で最も多いのが、痔核の手術で、次いで痔瘻の手術となっております。
内痔核は、硬化療法が減り、結紮切除術(LE)が主流となってきました。
痔瘻は15.65パーセントが重症例(難治性)となっております。
クローン病の炎症による肛門周囲膿瘍や痔瘻の手術も増加傾向にあります。
高齢者の直腸脱・肛門脱の腹腔鏡下の手術も増加傾向にあり、
リハビリや検査のための入院も増加しました。
胃腸科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060180xx99x3xx クローン病等 手術:なし 手術処置等2:3あり 573 1.24 10.46 0.00 43.25
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 284 3.24 2.66 0.00 63.74
060185xx99x5xx 潰瘍性大腸炎 手術:なし 手術処置等2:5あり 107 1.33 16.99 0.00 40.82
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術:なし 手術処置等2:なし 48 8.63 8.83 0.00 66.41
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術:なし 43 10.37 7.74 0.00 68.13
胃腸科は、大腸がんであれば、診断から緩和ケアまで、大腸がんを持つ人を最初から最後まで看ることが可能です。
化学療法チームも参集し、キャンサーボードを毎週行っております。
また、大腸ポリープが癌になる前に切除できるように、検査等の啓蒙活動にも力を入れています。
指定難病のクローン病と潰瘍性大腸炎については、専門的な治療を行っております。
1位と3位については、抗TNFα抗体製剤での治療で、間隔をあけての投与が必要です。
今年度は、虚血性腸炎や憩室出血・憩室炎が増加傾向にあり、下血で入院される方が多く、
鼠径ヘルニアを抜いてランクインしております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 15 22 20 - - - 2 9
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸がんのステージⅠ~Ⅲの手術が増加傾向にあります。
大腸がんについては、予防(大腸がん検診)から治療(腹腔鏡手術・開腹手術・抗がん剤治療・化学療法)まで、一貫して行っております。

症例数10件未満の数値については、患者様が特定されないように「-」になっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
年間該当症例数10件未満となっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
年間該当症例数10件未満となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
肛門科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法)を伴わない) 169 0.41 8.22 0.00 49.62
K7461 痔瘻根治手術(単純) 84 0.38 6.57 0.00 43.24
K745 肛門周囲膿瘍切開術 49 0.14 4.24 0.00 38.74
K7522 肛門形成手術(直腸粘膜脱形成手術) 35 0.54 8.77 0.00 72.92
K742-2 腹腔鏡下直腸脱手術 22 3.86 19.95 0.00 78.05
肛門科は、痔核や痔瘻の手術が多くなっております。
痔核は、硬化療法を伴わない結紮切除術(LE)が主流となっております。
痔瘻根治手術は、単純と複雑(難治性)があり、難治性症例については、他医療機関からの紹介で来院されるケースも多いです。
また、クローン病で肛門の周囲が炎症をおこし、肛門周囲膿瘍切開術が行われることも増えております。
高齢者の直腸脱・直腸粘膜脱が増加傾向にあり、肛門形成手術や腹腔鏡下での直腸脱手術が増えて、上位に上がってきました。
胃腸科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 273 0.07 2.18 0.00 64.00
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 40 0.95 6.25 0.00 68.11
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 26 3.27 18.69 0.04 69.97
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 18 0.00 2.83 0.00 62.39
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 14 4.86 37.79 0.00 63.79
胃腸科で最も多いのは、内視鏡での大腸ポリープ切除術です。ポリープの大きさや、個数などで、1~3日の入院となっております。
また当院では、腹腔鏡を使って、身体への負担をできるだけ少なくした低侵襲性の手術を行っております。
大腸がんや鼠径ヘルニア、クローン病や潰瘍性大腸炎に対する結腸切除術も、ほとんどが腹腔鏡下で行います。
腹腔鏡下手術は、お腹の傷も小さく、術後の痛みも少ないことが特徴で、社会復帰が早くなってきております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
年間該当症例数10件未満となっております。
更新履歴
2016/9/23
平成27年度病院指標公開
2017/9/14
平成28年度病院指標公開
2018/9/14
平成29年度病院指標公開
2019/9/9
平成30年度病院指標公開
2020/9/4
令和元年度病院指標公開
2021/9/2
令和2年度病院指標公開