大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)とは、肛門から直径1cm位の内視鏡を挿入して、大腸を詳しく観察する検査です。

大腸ポリープや大腸がん、炎症性疾患といった大腸の病気を診断するのにもっとも有効な検査法となります。
検査の過程で組織を取ってさらに調べたり、ポリープを切除することもできます。また、X線検査と異なり医療被ばくがありません。

大腸スコープ

消化器内視鏡専門医が、精度の高い大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)を行います。

  1. 最新の大腸内視鏡を採用し、可能な限り苦痛の少ない検査を行います。
  2. 患者様の要望があれば、鎮静剤を使用して鎮静状態で検査を行うことができます。
  3. 大腸内視鏡検査時にポリープが見つかった場合は、後日改めて切除を行います。その場合、2〜3泊の入院が必要になります。(ポリープ切除後は、ポリープの大きさによっては入院が必要となるため、入院予約を行ってからになります。)
  4. 必要な場合には、生検(病変の一部を採って、顕微鏡で詳しく調べる検査)し、病理検査を行います。

大腸内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)の種類

①S状結腸内視鏡検査

  • 肛門からS状結腸までを観察します。
  • 検査前に浣腸を行います。
  • 検査前の食止めの必要はありません。

②全大腸内視鏡検査

  • 直腸から盲腸まで全大腸を観察します。
  • 必要時に組織検査を行います。ご希望されない場合は、お申し出ください。

大腸内視鏡検査の流れ

前日まで

  • まずは、診察にお越しください。検査の日程を決めます。

    問診票は、「受診案内」からダウンロードできますので、ご自宅などで事前にゆっくりご記入いただけます。

    (便通の状態にあった下剤を処方いたします。内服中の薬がある方は、忘れずに持参してください。)

  • 検査の2〜3日前から、繊維の多いもの(ごま、ひじき、のり、山菜、キウィフルーツ、柿など)は避けてください。
  • 前日の夜に下剤を飲んでください。

    ご自宅で、全大腸内視鏡検査の前処置(下剤の服用)が行いたい方は、「自宅で前処置をしたい」をご覧ください。

検査当日

検査前

当日は、9時までにご来院ください。
午前は、腸内をきれいに洗浄するために、腸管洗浄剤(下剤)を約1リットル服用します。
便がきれいになったことを確認し、午後から順番に検査を行います。

検査中

  • 午後から検査を開始します。
    検査用の紙パンツを使用しますので、恥ずかしさはありません。
  • ご希望で鎮静剤を使用することも可能です。
  • 検査時間は、平均15分程度となります。

◯5mm以下の小さなポリープ
病変の一部を採って、顕微鏡で詳しく調べる「生検」を行います。
内視鏡で摘まみ取るだけなので、切除術ではなく処置扱いとなります。入院の必要はありません。

◯5mm以上のポリープ
5mm以上のポリープが見つかった場合は、日を改めて切除を行うため、再度検査と入院予約を行います。
ポリープにスネア(輪っか)をかけて、電気で焼き切る「ポリープ切除術」を行います。

検査後

◯何もなかった場合(摘まみ取った場合)

【鎮痛剤未使用の方】
検査後すぐに説明となり検査終了となります。
検査後は、普段どおり食事ができます。

【鎮痛剤を使用した方】
検査後30分〜1時間ほど休んでいただき、説明を聞いていただいたら検査終了となります。
検査後は、普段どおり食事ができます。

※生検を行った場合、刺激物やアルコールは出血の可能性があるため、数日控えてください。

◯ポリープ切除術を行った場合
安静のため、入院となります。
入院期間は、ポリープの大きさや数などで異なります。

後日

病理検査に出している場合は、2週間以降に結果が出ますので、後日改めてご来院ください。